Loading...

放課後等デイサービスとは

ホーム > 放課後等デイサービスとは

放課後デイイメージ1

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは障がいを抱えるお子さまが学校の放課後や長期のお休みに利用することができる療育を目的とする施設で、例えるなら障がいを抱える子どもたちの学童です。障がいを抱えるお子さまの放課後の居場所を作ることで、働く親やそのご家族の方を体力面や精神面での一時的なサポートをいたします。一般のお友達と馴染めない、集団生活が難しいなどといったお悩みを解決するのが放課後等デイサービスです。

放課後等デイサービス イメージ1
放課後等デイサービス イメージ2
放課後等デイサービス イメージ3
放課後デイイメージ2

放課後等デイサービスをご利用いただけるお子さま

放課後等デイサービスは障がいを抱える6〜18歳までの小学生、中学生、高校生が対象です。ただし高校を卒業しても引き続きサービスを利用する必要があると認められた場合には、20歳を迎えるまでは特例によりご利用いただけます。障がい者手帳を持っている必要はなく、医師などから療育の必要性が認められた場合には、自治体の判断により利用をすることができます。

放課後デイイメージ3

各事業所で異なるサービス内容

日常生活で必要な訓練および支援

社会生活を営むうえで必要な生活力を養います。お金の管理や使い方、集団生活の中での他のお子様とのコミュニケーションの取り方、交通ルールの把握、公共交通機関の使い方、食事や社会生活でのマナー、ものの考え方や常識力などを身につけます。ひとのサポートをうけつつも自立した日常生活をおくれるよう支援いたします。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

学習支援および運動支援、創作活動

学習支援では学校の宿題や授業の復習をはじめ音楽活動、英会話など、主に学習をサポートするのが一般的です。外に出て走ったり、ボールを使ってスポーツしたりと体を動かしながら運動機能を鍛えます。
一方、紙や木材などを工具を使って切ったり組み立てたりする工作や、食材を切ったり材料を混ぜて焼いたりする調理、キャンバスをもって公園で写生など、手先の感覚や五感を養うのが創作活動です。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

余暇活動と地域交流

遠足や工場見学、バーベキュー、レジャー施設など学校や家庭ではなかなか経験できない、楽しく刺激的な体験をし、お子さまの感性を養います。
また、限られた事業所等の中だけの空間では、交流の場が限定されます。地域のイベントに参加する、ボランティア活動に参加するなど不特定多数の人との交流の場を設けることにより、将来の社会活動に向けた支援をすることも放課後等デイサービスの役割です。

余暇活動と地域交流

日常生活で必要な訓練および支援

社会生活を営むうえで必要な生活力を養います。お金の管理や使い方、集団生活の中での他のお子様とのコミュニケーションの取り方、交通ルールの把握、公共交通機関の使い方、食事や社会生活でのマナー、ものの考え方や常識力などを身につけます。ひとのサポートをうけつつも自立した日常生活をおくれるよう支援いたします。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

学習支援および運動支援、創作活動

学習支援では学校の宿題や授業の復習をはじめ音楽活動、英会話など、主に学習をサポートするのが一般的です。外に出て走ったり、ボールを使ってスポーツしたりと体を動かしながら運動機能を鍛えます。
一方、紙や木材などを工具を使って切ったり組み立てたりする工作や、食材を切ったり材料を混ぜて焼いたりする調理、キャンバスをもって公園で写生など、手先の感覚や五感を養うのが創作活動です。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

余暇活動と地域交流

遠足や工場見学、バーベキュー、レジャー施設など学校や家庭ではなかなか経験できない、楽しく刺激的な体験をし、お子さまの感性を養います。
また、限られた事業所等の中だけの空間では、交流の場が限定されます。地域のイベントに参加する、ボランティア活動に参加するなど不特定多数の人との交流の場を設けることにより、将来の社会活動に向けた支援をすることも放課後等デイサービスの役割です。

余暇活動と地域交流

日常生活で必要な訓練および支援

社会生活を営むうえで必要な生活力を養います。お金の管理や使い方、集団生活の中での他のお子様とのコミュニケーションの取り方、交通ルールの把握、公共交通機関の使い方、食事や社会生活でのマナー、ものの考え方や常識力などを身につけます。ひとのサポートをうけつつも自立した日常生活をおくれるよう支援いたします。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

学習支援および運動支援、創作活動

学習支援では学校の宿題や授業の復習をはじめ音楽活動、英会話など、主に学習をサポートするのが一般的です。外に出て走ったり、ボールを使ってスポーツしたりと体を動かしながら運動機能を鍛えます。
一方、紙や木材などを工具を使って切ったり組み立てたりする工作や、食材を切ったり材料を混ぜて焼いたりする調理、キャンバスをもって公園で写生など、手先の感覚や五感を養うのが創作活動です。

日常生活を営むうえで必要な訓練および支援

余暇活動と地域交流

遠足や工場見学、バーベキュー、レジャー施設など学校や家庭ではなかなか経験できない、楽しく刺激的な体験をし、お子さまの感性を養います。
また、限られた事業所等の中だけの空間では、交流の場が限定されます。地域のイベントに参加する、ボランティア活動に参加するなど不特定多数の人との交流の場を設けることにより、将来の社会活動に向けた支援をすることも放課後等デイサービスの役割です。

余暇活動と地域交流

放課後等デイサービスは障がいをお持ちのお子さまのためだけのサービスではなく、そのご家族様のためのサービスでもあります。日々の育児疲れから一時的に解放され、心身ともにリフレッシュできる時間をつくるためにもご活用ください。

放課後デイイメージ5

サービスご利用料金について

放課後等デイサービスをご利用の場合は通常「利用料(利用者負担額)」が発生いたします。この利用者負担額は世帯の所得などに応じて、「上限負担額」も定められています。費用に関しては国が定めた原則1割負担となりますが、所得に応じ負担上限月額が発生しないケースもあります(お住まいの自治体により補助が受けられる場合がありますので、詳しくは自治体にお問合せください)。その他、サービス利用に伴う食事(おやつなど)や学習に必要な備品に関しては自己負担となりますが、事業所独自で負担するところもあります。

区分 世帯収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯 0円
一般1 市町村民税課税世帯
(所得割28万円(※)未満)
通所施設、ホームヘルプ利用の場合 4,600円
入所施設利用の場合 9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(※)収入が概ね890万円以下の世帯が対象となります。

区分
生活保護
世帯収入状況
生活保護受給世帯
負担上限月額
0円
区分
低所得
世帯収入状況
市町村民税非課税世帯
負担上限月額
0円
区分
一般1
世帯収入状況
市町村民税課税世帯
(所得割28万円(※)未満)
●通所施設、ホームヘルプ利用の場合
負担上限月額
4,600円
区分
一般1
世帯収入状況
市町村民税課税世帯
(所得割28万円(※)未満)
●入所施設利用の場合
負担上限月額
9,300円
区分
一般2
世帯収入状況
上記以外
負担上限月額
37,200円

(※)収入が概ね890万円以下の世帯が対象となります。

当事業所のサービス

ご利用者様のご家族の方をサポートできるよう、様々なサービスでや制度を設けてより利用しやすい事業所になるように努めています。

  • ご自宅や学校から事業所までのドアtoドアの無料送迎
  • 消耗品やおやつ代、レクリエーション代などは一切無料
  • 個々の能力に合わせた個別の学習支援や運動トレーニング
  • コミュニティーを広げるボランティア活動や課外活動、社会見学
  • 将来の就職に向けた就労トレーニング
SNSアイコン

こもれびグループの情報や写真・動画はSNSでも発信しています!

こもれびグループの情報や写真・動画は
SNSでも発信しています!


facebook
こもれびグループ 公式facebook
@fb.komorebi.group

instagram
こもれびグループ 公式instagram
@komorebi_group

twitter
こもれびグループ 公式twitter
@komorebi_group

\ ご利用者様 随時募集中 /

\ご利用者様募集/

こもれびグループでは随時、見学・体験・ご相談を受け付けております。
当事業所のような福祉施設を利用したことがない方でも、まずはお気軽にご相談ください。
担当の相談専門員が丁寧にご説明させていただきます。

 無料送迎 

無料送迎

こもれびグループの全事業所では、ご自宅や最寄駅などから事業所までをで無料送迎いたします。近隣都市の方ならどなたでもご利用いただけ、車椅子にも対応できる福祉車両ですのでご安心ください。また、ご利用者様用に100台以上駐車できる無料大型駐車場も完備しているので、乗り合わせが苦手な方は自家用車での通勤も大丈夫です。駐車場から各施設への巡回送迎車も出ております。

 個別ブース完備 

個室ブース完備

当事業所ではご利用者様の障がいの特性に応じ、全事業所個別ブースを完備しています。人と接するのが苦手、話しかけられるのが苦手、周りの音が気になる、目線が気になるなどのご要望にお応えします。どんな些細なことでも構いませんので、ご自身がお抱えの障がいや特質をお気軽にご相談ください。ご利用者様のご要望にできる限りどんなことでも対応させていただきます。

 実質 昼食無料 

昼食無料

当事業所では「仕事は健康あってのもの」と考え、【食事を食べること=健康管理をすること=仕事】と捉え、ご利用者様には「バランスの良い食事を取ることはお仕事です」とお伝えしています。きちんと事業所が提供する食事が取れた方には、手当を支給しています(就労B型限定)。まずは生活習慣の改善をし、毎日お仕事にかよえることをファーストステップとしています。